美味しい紅茶の楽しみ方

紅茶の淹れ方には、ゴールデンルールという基本の淹れ方があります。ゴールデンルールを基に、紅茶を淹れてみましょう。

サイトトップ > 茶葉の保存方法

スポンサードリンク

美味しい紅茶の楽しみ方

茶葉の保存方法


美味しい紅茶を飲むためには、茶菜を少しずつ購入することをおすすめします。茶葉の量り売り店で、1~2ヶ月で飲みきれる量を買いましょう。

アルミ袋や缶に密封されたものは、未開封の状態なら長い間の保管も可能ですが、開封してしまったら早く使い切るのが基本です。

正しい茶葉の保管方法を知ることも、美味しい紅茶のためには大切です。茶葉は直射日光や湿気に弱く、匂いも移りやすいので、保管場所や保管方法には注意が必要です。 注意点をまとめてみました。

・保管場所
直射日光の当たらない場所で保管します。
湿気の多い場所も避けましょう。
一日の温度差の少ない場所が適しています。
また、茶葉は非常に乾燥していますし、匂いを吸着しやすい性質を持っています。
匂いの強いものの近くに置くのもやめましょう。
冷蔵庫での保管も茶葉にとってはよくありません。
冷蔵庫内のほかの食品の匂いがついてしまいます。

・保管容器
湿気を嫌いますので、開封後はすぐに、密閉できる容器に移しましょう。
いくら密閉式でもガラスなどの透明な容器はおすすめできません。
直射日光や電灯の光に影響されてしまいます。
保存する紅茶の量に対して、容器が大き過ぎないということも大切です。
大き過ぎると、容器に入り込む外気の量も多くなってしまいます。

どんなに気をつけて保存していても、やはり劣化はしていきます。
鮮度を落とさないためにも必要な量だけの茶葉を買うように心がけることが一番の方法です。

美味しい紅茶の楽しみ方

MENU



スポンサードリンク