美味しい紅茶の楽しみ方

紅茶の淹れ方には、ゴールデンルールという基本の淹れ方があります。ゴールデンルールを基に、紅茶を淹れてみましょう。

サイトトップ > ティーポットの選び方

スポンサードリンク

美味しい紅茶の楽しみ方

ティーポットの選び方


紅茶を美味しく入れるためには、入れ方も大事ですが、道具の選び方も重要になってきます。

まずは、紅茶を入れるためにはなくてはならないティーポットについてです。

ティーポットの役割は茶葉をしっかりと蒸らすことです。
紅茶の美味しさは、この蒸らし時間中での、ポットの中の茶葉の動き(ジャンピング、対流)と抽出時間で決まってきます。

つまり、紅茶の三大要素である「香り」「味」「色」の中で、「味」と「色」は、このティーポットで決まってしまうということになります。

よいティーポットの選び方のポイントをまとめてみましょう。

1.形は出来るだけ丸いものを選びましょう。
丸みを帯びていた方が、ポットの中で茶葉がよくジャンピング(対流)します。

2.ふたがきっちりと閉まり、保温性の高いものを選びましょう。 蒸らしている間に温度が下がってしまうと、ジャンピングが起きにくくなります。 3.鉄分の含まれたポットは使わないでください。
紅茶のタンニンがポットに含まれる鉄分と化合して水色を黒っぽくさせるばかりでなく、香味も損ないます。
ボーンチャイナなどの陶磁器製か銀製のティーポット、あるいはガラス製ものを使いましょう。
緑茶用の急須でも大丈夫です。

4.注ぎ口水切りのいいものを選びましょう。
最後の一滴は「ベスト・ドロップ」と言われ、一番美味しいと言われています。
水切りのいいものを選び、最後の一滴まで紅茶を味わいましょう。

ガラス製のポットは、ジャンピングの状態が確認でき、紅茶の色がわかりますので便利です。

美味しい紅茶の楽しみ方

MENU



スポンサードリンク